Wikidata:大量処理フラグ

This page is a translated version of the page Wikidata:Flooders and the translation is 69% complete.

大量処理フラグを使用する状況とは

ユーザーは、繰り返し変更を行うときに最近の変化 フィードから他の編集やアクションがフラッシュされないように、フラッドフラグを使用する必要があります。 洪水フラグを使用すると、受ける可能性のある監視の量が減少するため、このようなアクションは決して物議を醸すものであってはなりません。 利用規定の例としては、ウィキデータのポリシーとガイドラインに従って多数のページを削除する、多数の非建設的な編集を元に戻す、または多くのオープンプロキシをブロックするなどがあります。 容認できない使用法には、管理者のタスクであるかどうかに関係なく、物議を醸す行動の正当な監視を回避しようとすることが含まれます。

ユーザーは、攻撃的または中傷的な多数のユーザー名に対してログアクションを実行するときに、フラッドフラグを装備することもできます(つまり、官僚がアカウントの名前を変更したり、管理者がローカルブロックを実行したりします)。

大量処理フラグの付与と除去

The flood flag is set and removed using Special:UserRights. Administrators can add the flag to their own account; other users can request it to be granted by a Bureaucrat at Wikidata:Bureaucrats' noticeboard.

Every user who has been granted the flood flag can remove it on their own after having finished the repetitive task. In some cases, a bureaucrat may remove the flood flag to force flooder's edits to appear in RC. This should be done in cases where the flooder has forgotten to remove it, or when the changes should be seen by default in RC.

濫用される可能性がある?

One issue with the proposal as it stands is that there is room for abuse from flooders; if a flooder is making contentious edits or actions, they would be able to toggle the flood flag to prevent them from being seen or monitored from Recent Changes, which is the primary source at which new edits are displayed and observed.

Granting the flood flag is logged, and shown in recent changes. Users who abuse the flood flag should be sanctioned.

大量処理フラグかボット・フラグか

これは、官僚からの一時的なボットフラグの要求を置き換えることを目的としています。 そうでなければ一時的なボットフラグを要求するユーザーは、洪水の権利を使用して自分自身にフラグを立てるか、官僚にそれを要求することができます。

永続的なボットフラグを設定する必要がある場合は同じです。ユーザーはセカンダリアカウントを作成し、通常どおりボットフラグをリクエストする必要があります。 一時的なボットフラグのみがこのフラッドフラグに置き換えられます。

関連項目