Wikidata:削除の方針

This page is a translated version of the page Wikidata:Deletion policy and the translation is 83% complete.
Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Deutsch • ‎English • ‎Nederlands • ‎Ripoarisch • ‎Türkçe • ‎azərbaycanca • ‎bosanski • ‎català • ‎dansk • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎latviešu • ‎magyar • ‎occitan • ‎polski • ‎português • ‎português do Brasil • ‎suomi • ‎svenska • ‎Ελληνικά • ‎беларуская (тарашкевіца)‎ • ‎български • ‎македонски • ‎русский • ‎српски / srpski • ‎українська • ‎العربية • ‎فارسی • ‎বাংলা • ‎ગુજરાતી • ‎తెలుగు • ‎ქართული • ‎中文 • ‎日本語 • ‎粵語 • ‎한국어

このページは、ウィキデータにおける削除の方針を説明しています。削除依頼(プロパティ)削除依頼(その他のページ) にて、削除を求めることができます。

項目の削除

下記に当てはまる項目は削除される場合があります。

  • 掲載の要件を満たさない項目。
  • 明らかな荒らし行為。
  • データが含まれない、または空の項目。
  • 上記に当てはまらないが常識により削除する理由があるもの。
  • Wikidata:削除依頼における議論により削除するとの合意に達した場合。

以下の項目は削除されるべきではありません:

  • 他の項目へのリダイレクトであるもの。

その他のページの削除

下記に当てはまるその他のページは削除される場合があります。

  • 明らかな荒らしもしくは宣伝。
  • 利用者本人から利用者ページを削除と依頼した場合。
  • 廃止されたMediaWikiメッセージの削除などのメンテナンス。
  • Wikidata:削除依頼における議論により削除するとの合意に達した場合。

翻訳の削除

Translations of pages may be deleted for any of the reasons in the above section, by a user who is both a translation administrator and an administrator. Any administrator who is not a translation administrator may self-grant the rights to their account without a vote, as described on the translation administrator policy page.

版指定削除

下記の場合に管理者版または記録項目を削除できます。

  • プライバシーに関わる・個人的な情報が晒されている場合。(利用者がログアウトしてIPアドレスを晒した場合等)
  • 著作権侵害が含まれるもの。
  • 名誉毀損に当たる内容。
  • 深刻な嫌がらせ等の個人に対する攻撃が含まれるもの。

In any case where oversight is warranted, admins are strongly encouraged to revision-delete the edits in question until the oversight can be performed; however, if privacy is a concern, they should avoid using summaries that draw greater attention to the edits, and should never use summaries that reference the specific content of the page. Remember also that revision deletion actions show up in watchlists, whereas Oversight actions do not; admins are thus urged to use their discretion on a case-by-case basis, prioritizing a balance between redaction of sensitive information and not highlighting such information.